ブラックのおすすめ「人気ショップ」ならコチラ 2017年度 オーロラシュラフがセールに関係なしの安さ |

とても良い買い物をしたと思います。放射冷却の影響で想定以上に冷え込み、20時でー5℃、おそらく夜中はー10℃近くになったと思われ、さすがに寒くしばらく寝つけませんでした。しかしながら!永久保証により無償にて修理して頂きました。

これっ♪

2017年01月24日 ランキング上位商品↑

オーロラ ブラック シュラフNANGA(ナンガ) 山渓×NANGA オーロラ450DXオールブラック(ALL BLACK) AUR450納期:2017年03月上旬マミー型 シュラフ キャン

Amazonはこちら

楽天はこちら b y 楽 天

が!問題はないと感じています。。ありがとうございました。以下、追記いたします(2016年11月)自分のミスにより穴をあけてしまいました。失礼ながら小さなメーカーだとは思いますが!企業努力が感じられ!一気に大ファンになりました。このスペックでこの値段はお買い得です。ファスナーを開けたりして調整していました。真夏は暑ければ掛け布団のように使用するのも一つの使い方です。スペックでは快適使用温度は-5℃ですが!おそらくこの日はそれ以下に下がったと思います。一度取り出すと!スタッフバッグに入れにくいという事ですが!キチンと折りたたんで!キッチリと空気を抜きながら丸めていけば!問題なく入ります。どうしても収納が苦手という方は、シートゥサミットや他のメーカーから出ているコンプレッションバッグを使用するのがオススメです。5月頭に1700メートル付近テントで使用したとき(おそらく3℃ほど)は快適でした。9月下旬の涸沢で使用しました。日本シリーズでは負けましたが、広島リーグ優勝のクーポンを使わせて頂いてとても安く購入させて頂きました。この時は下はタイツ+ズボン、上はベースレイヤー+カットソー+ダウンジャケット+フリースで寝ましたが、かなり寒く何度も目が覚めました。この日はちょうど初雪が降り、かなり気温が低下した中で使用しました。生地もしっかりしているし!水気もしっかりはじくような感じです。10月半ばに立山雷鳥沢でも使用。身長177体重63ですが!レギュラーサイズで問題ありませんでした。春〜晩秋用に購入しました。当方も使用していますが収納しやすく、純正のスタッフバッグよりも、よりコンパクトにできます。また、足元だけダウンを増量するなどのカスタマイズも可能との事でした。勿論この様なカスタマイズには料金が発生しますが!企業努力には頭が下がります。永久保証も付きますし、機能的にはナンガオリジナルと全く同じなので、とても良い買い物が出来たと思います。恐らく今後シュラフを買う際には、間違いなくナンガを選択すると思います。追記です。快適温度に比してコンパクトで、オールブラックということでコストパフォーマンスも優れます。寒さに強い、弱いといった個人差や行く山の違いはあると思いますが、個人的には10月下旬くらいまでが使用限度かなと思いました。ショップとナンガの共同製作ということで!安くなっていました。まだ使用していないので耐久性と保温性の評価しませんでした。某国内メーカーのシュラフとは違い!羽が抜け出てくる事もなく!品質的にも大満足です。良い買い物でした。キャンドルランタンを倒したことによる損傷です。でも春〜秋まで使用するには大変いい商品だと思います。下はタイツ無しのズボンのみ、上はベースレイヤー+長袖カットソー+薄手のダウンで寝ましたが暑いくらいでした。ですがフリースとダウンジャケットを着込んだ上半身は気にならずお尻が少し濡れたままの下半身が冷えたのでしっかり対策をとれば問題なかったと思います。4月下旬の標高1500メートル付近雪洞で使用。